人によりパートタイマーの働き方が異なること

人によりパートタイマーの働き方が異なること

パートとアルバイトの違いについて

まず、パートとアルバイトの違いは何でしょう。パートとアルバイトは法律上、名前による区別がされてなく、パートタイム労働法では「1週間の定められた労働時間が、同じ会社に雇われている通常の労働者のそれに比べて短い労働者」と定義されているだけです。しかし我々は、はっきりとした違いを持っているわけではありませんが、パートとアルバイトを区別して使用することが多く、それは言葉の起源に近いものとなっています。

パートとは、パートタイムの略称で、フルタイムが対義語となります。正社員が1日7時間労働とするなら、パートは5時間など、企業で定められた労働時間よりも短い時間を働く人のことを意味します。アルバイトは、ドイツ語で勤労や仕事を意味する言葉が起源となった言葉です。昔、学生が家庭教師などをする際に用いた言葉のため、一般的にパートは主婦がするもので、アルバイトは学生などの本業が別にある人がするものというイメージが持たれています。

しかし、それぞれに厳密な違いはなく、両方、労働者であることに変わりはないため、有給休暇の取得や社会保険の加入も可能となっています。さらに、社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の4分の3以上と定められており、条件を満たせばパートやアルバイトでも加入しなければいけません。

話題になっている求人についての話は役立つこのホームページで情報収集しましょう☆