人によりパートタイマーの働き方が異なること

人によりパートタイマーの働き方が異なること

転職しやすいパート。

仕事を探す場合は、正社員よりもパートの仕事の方が見つけやすいですし、転職もしやすいです。正社員への転職だと、これまでのキャリアを重視されるため、履歴書だけではなく職務経歴書の提出を求められ、その書類が通過しないと面接すら受けることができません。しかしパートであれば事前に提出を求められるのは履歴書だけですし、履歴書で落とされるということはほぼなく、すぐに面接の連絡が来ます。

その会社の雰囲気や職種にもよりますが、面接も必ずしもスーツではなく、きれいめの服装で大丈夫です。むしろスーツの方が浮いてしまうかもしれません。ジーンズなどカジュアル過ぎる服装はさすがに非常識になりますので、洋服の選び方には注意が必要です。

パートの場合はこれまでのキャリアよりも、会社の求める勤務の曜日や時間帯に働くことができるかどうかが重要になります。面接もその点をメインに話が進み、確認をされます。正社員のような責任の重い仕事を任されることはありませんが、勤務日数など会社側の希望に柔軟に対応できるという姿勢は持たなければなりません。自分の希望を伝えるだけでは、相手にこの人は使いづらいという印象を与えてしまうので、パートでも面接で落とされてしまいます。そうした点に気を付けて面接に臨みましょう。